【古賀しんご(新悟)】日本共産党筑紫野市議団。憲法を暮らしに活かし文化の香るまちづくりを。

応援の声

市民のくらしを守るために働ける人だと確信しています。

元筑紫野市議会議員 鐘江伸秀

私が古賀さんを知ったのは、彼が学生時代に子ども劇場の青年として活動に参加してからです。
その後、彼が福岡地区労連の事務局長として、福岡地域の各種集会で活動されているのを頼もしく見ていました。その頃から市議になってくれればと心密かに思っていました。
市民のくらしを守るために働ける人だと確信しています。篠原議員の後継者として心から推薦いたします。

私達が求めている政治家となるにふさわしい人物であると確信します。

ちくし法律事務所 弁護士 稲村晴夫

古賀さんとは1997年に筑紫地区で開催された非核と平和のつどいで知り合い、それから一緒に活動してきました。
古賀さんは県内の労働組合の事務局長を務めるなど、労働者の権利を擁護するために長年がんばってきました。また、筑紫地区における人権や平和を守る活動にも参加されてきました。
日本国憲法の理念である基本的人権の保障・国民主権・平和主義がおびやかされている現在、古賀さんは私達が求めている政治家となるにふさわしい人物であると確信します。 皆様の古賀さんへのご支援をお願い致します。

生活者の声を発信していただきたい。

NTT労働者 石橋勇一郎

古賀さんとは労働運動をともにした仲間です。
2002年にNTTが社員を50歳で退職させ子会社へ賃下げ再雇用させる11万人リストラを提案してきたときには、私ども通信労組福岡支部とともに、地域の労働者を結集してリストラ反対闘争を組織し先頭に立って闘っていただきました。また、福岡地区労連では10数年にわたり事務局長の要職にあって、地域労働者の雇用確保、地位向上に務められました。労働運動だけではなく、平和活動にも取り組まれ、毎月の憲法九条を守る宣伝や、反原発、核兵器廃絶の運動も頑張っています。
古賀さんには地域から、生活者の声を発信していただきたいと思います。

バトンをわたします

筑紫野市議会議員 篠原範子

私は、3期12年「すみよさ実感できるふるさとに」と市民のみなさんと一緒にがんばってきました。今期で引退し、古賀しんごさんに引き継ぐことになりました。
古賀しんごさんは、福岡地区労連で20年以上、賃金不払い、不当解雇、ハケン切り等の労働問題に取り組んできました。また「憲法を守れ」を信条にホームレス、原発再稼働問題などにも取り組んできた、信頼のおける人です。
必ず市民のみなさんのお役に立つことができます。

古賀しんご筑紫野ブログ